こんな芸能人の話を知ってますか?

2007年04月11日

とうとう藤原紀香が、結婚を

藤原紀香 ⇒ こちら
藤原紀香が、結婚をして、陣内紀香になりましたね。
残念、彼女が一人の男のものになったら、悲しいではないですか。
報道陣に対しては終始無言とは、嫌はわけではないのだろうけれど、ちょっと寂しいです。
でも、おめでとうと言わなければ、いけないですね。


晴れて入籍!陣内紀香になりました
4月11日10時18分配信 デイリースポーツ



婚姻届を提出する陣内智則と藤原紀香=加古川市役所

 お笑いタレント・陣内智則(33)と女優・藤原紀香(35)が10日、兵庫県加古川市の市役所に婚姻届を提出した。昨年12月10日の神戸・生田神社での結納からちょうど4カ月、同神社での2月17日の結婚から52日目。“格差婚”ともささやかれた2人が、晴れて戸籍上でも夫婦になった。
 2人が入籍の地に選んだのは、陣内の地元・加古川市だった。午後2時30分。スーツの左胸にさくらんぼのブローチをあしらった春ファッションの紀香と、茶色の革のジャケットを羽織った陣内は、正面玄関から庁舎の中へ。次々と飛び交う「おめでとう」の市民からの祝福の声に、紀香は「ありがとうございます」と笑みを浮かべ、会釈を返した。
 偶然なのか?家族と話し合って決めたという入籍日は、“ロイヤルウエディングデー”。1959年に天皇皇后両陛下がご成婚された日と同じ。口コミで約200人以上の市民が事前に集まり、美智子さまならぬ“紀香さまフィーバー”が起きた。一般窓口で書類を提出。受け付けた職員の舛賀友紀さん(24)は2人のラブラブな様子に「私もあやかって早く幸せになりたい」とうっとり。
 その後、騒然となった窓口から収入役室へと“避難”し、樽本庄一市長(66)が「ここに法律上婚姻は成立したこととなる」と読み上げ、「婚姻届受理証明書」(有料1400円)を手渡した。
 樽本市長は、陣内の父功壱さん(65)と同じ中学の1年先輩。挙式にも出席し「(2人に)加古川にゆかりある人になってほしい」と、加古川での入籍を依頼していた。事前に白紙の婚姻届も渡していたという。
 陣内夫妻は、報道陣に対しては終始無言。立ち会った功壱さんも、「陣内紀香さんになられたんですよね?」と聞かれ、「そういうことですね」と言葉少なに答えた。
 届け出後の2人は、5月30日に神戸市内のホテルで行う披露宴の打ち合わせ。幸せのコメントはそのときにたっぷり、述べることになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000026-dal-ent
posted by キミコ at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
あなたは、どう思いますか? やっぱり、芸能人て面白い話に事欠かないですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。